賃貸マニュアル
賃貸トップ賃貸マンション アパート 比較賃貸 物件選び家賃相場間取り間取り表記賃貸 基礎知識賃貸の疑問


賃貸マンションと賃貸アパートの比較!
賃貸マンションvs賃貸アパート そのメリット・デメリットとは??
賃貸物件の2大ジャンルを占める賃貸マンションと賃貸アパート。お部屋探しの大事なキーポイントにもなるからなどを見ながらじっくり考えてみたいモノ。このページでは賃貸アパートのメリット・デメリットを簡単にご紹介します。




賃貸 ライン 賃貸マンションとは・・・

賃貸マンションは安心のセキュリティーでプライバシーもしっかりキープ
初めての一人暮らしで、心配なのがセキュリティー面ですよね。特に女性は気になるところでしょう。そんな心配をできるだけ軽くできるのが【賃貸マンション】です。一般的に、3階建て以上の鉄筋(鉄筋鉄骨)コンクリートづくりの集合住宅を【マンション】といい、オートロックや防犯カメラの設備が充実しているものが多いので、女性でも安心して新生活をスタートすることができます。また、アパートに比べて、音や揺れなどに対応した造りになっていることから他の部屋を気にすることなく過ごすことができ、プライバシーが気になる人にもお勧めです。最近では、宅配ロッカーが設置してあるところもあり、人気が高いようです。また、一定の期間で契約できる『マンスリー(ウィークリー)マンション』を利用するのもいいでしょう。こちらには家具や家電品が備え付けてあるので、入退居の際に手間がかからないのがポイントです。マンションは、家賃や管理費がアパートに比べるとやや高めなので、その点は十分考慮のうえ、あなたの生活にあった設備や広さ、広島 賃貸などの場所など諸条件を取拾選択してお部屋を選ぶようにしましょう!!


賃貸 ライン 賃貸アパートとは・・・

賃貸アパートは家賃の相場が安く、管理費や共益費もお手軽
これから一人暮らしをスタートするうえで、一番気になるのが金銭面ですよね。毎月かかる費用は、できるだけ少ない方が、遊びや買い物をより楽しめるはずですよね。そんな方にお勧めなのが、【賃貸アパート】です。【賃貸アパート】とは、主に2階建てまでの木造やプレハブなどの集合住宅のことをいい、マンションに比べて世帯数が少ないことも特徴です。これらの中には『コーポ』や『ハイツ』と呼ばれているものもありますが、これらほとんど同じと考えてよいでしょう。賃貸マンションに比べ、家賃の相場が安く、管理費や共益費もお手軽なアパートは、同じ築年数や部屋数でも安く借りられるため、毎月の出費を抑えるには嬉しい物件ではないでしょうか。一方、デメリットとして建物の構造が違うので、マンションに比べると防音性が劣ると言われてきました。しかし、最近ではアパートにもマンションに近い防音性があるとされている気泡コンクリートなどを使った物件もあり、騒音が気になる方は、建物の構造にも注意して部屋探しをしてみるのもいいかもしれませんね。

賃貸アパートの種類
・メゾネット→集合住宅の住戸内階段などが組み込まれ、2階層が1住戸になっているものをメゾネットと言います。
・コーポ→木造や鉄筋コンクリート造りの集合住宅のことを言います。
・ハイツ→高台にある集合住宅のことを言います。また、集合住宅・住宅団地などにつける呼び名です。
これらを賃貸している物を、日本では、まとめて賃貸アパートと呼ぶことがほとんどです。

check

Last update:2016/7/11

Copyrightc 2008 CHINTAI・manual  All Right Reservrd.